記事一覧

予約受付は5月21日(金)23:00から10分一本勝負!日本人独立時計師「浅岡 肇」プロデュースの超希少ウオッチは争奪戦必至!? |

日本人時計師の浅岡肇さんは、時計の本場スイスのなかでも指折りの時計師がボードメンバーとなって1985年に発足した由緒正しき「スイス独立時計師協会(通称:アカデミー、AHCI)」に認められ、正会員となった人物である。スーパーコピー 優良サイトそんな彼が、時計師であると同時に、デザイナーでもある彼のキャリアを生かし、「自分が普段使いできる時計が欲しい」との思いから立ち上げたブランドが、「CHRONO TOKYO」だ。このブランドは独立時計師として製作する腕時計とは異なり、浅岡さんが高品質と普及価格帯の両方にこだわって考え抜いた腕時計となっている。主に時計店「TiCTAC」で取り扱われてきた歴代モデルは、立て続けに完売を記録してきた。だが、実はこのCHRONO TOKYOには別名がある。それが、海外向けのブランド名「KURONO BUNKYŌ TOKYO」だ。この度、挑戦的な予約受付が行われる最新作は、この「KURONO BUNKYŌ TOKYO」名義で発表された。朱鷺:TOKIと名付けられた3針時計37mmの316L鍛造ステンレススチールケースに収まるのは、ミヨタ製Cal.90S5。約38時間パワーリザーブを有する自動巻きムーブメントである。文字盤は、外縁に向かって緩やかに下がっていくボンベ形状を採用。これにシルバー色の3つのリングと植字バーインデックスを合わせ、さらにクラシックな雰囲気を醸し出すレイルウェイパターンを配置することで小ぶりながら立体感のある表情を作り上げた。こうした繊細な造り込みを決定付けているのが時、分、秒を示す3本の針。それぞれに形状が異なるだけでなく、時分針はいずれもわずかにやまなりの形状をしている。繊細なパーツに曲面を用い、それを磨くことは作業難易度が高い。しかも分針と秒針は先端を湾曲させた「曲げ針」だ。しかし、ここまでは歴代モデルにも共通していた仕様。最新作において最も浅岡さんがこだわったのは、モデル名の由来にもなった文字盤のカラーにある。浅岡さん曰く「試作から完成までほぼ一年かかった」という文字盤カラーは、まず自身で調合した塗料を金属プレートに塗るところからはじまり、そうしてできた膨大な数の色見本から気に入ったものを文字盤メーカーに発注。理想の色を求めて、これまでで一番プロトタイプも作ったという。文字盤のサンプル製作にも当然コストはかかる。まして本機のように20万円台を切る価格設定の時計であれば、その影響は甚大だ。だが、もちろん浅岡さんは自身のキャリアにかけて一切の妥協を排除し、納得のいく文字盤を、その輝きの微調整に至るまでこだわり抜いたという。そこまで手間をかけて作り上げた文字盤色こそ、日本特有の洗練された色を目指したという朱鷺:TOKIである。色調こそ銅色がベースとなっているものの、西洋で好まれるような「サーモンカラー」とは一線を画す。浅岡さんの狙いは朱鷺の羽の色「朱鷺色」。“大空を飛ぶ朱鷺の羽根に見られる、独特の桃色を基調にすることにした”のだそう。ちなみに日本の国鳥はキジだが、朱鷺もまた学名「ニッポニア・ニッポン」という、まさしく日本を象徴する鳥。海外向けブランド「KURONO BUNKYŌ TOKYO」から発売する腕時計として、うってつけのネーミングではないだろうか。KURONO BUNKYŌ TOKYO「アニバーサリーエディション 朱鷺:TOKI」Ref.CU001A 18万9900円(シンガポールから発送。本体価格の一部に消費税がかかる) 自動巻き(ミヨタ製ムーブメントCal.90S5、パワーリザーブ約38時間、毎時2万8800振動)。ステンレススチールケース(316L・鍛造)。直径37mm。カーフレザーストラップ。3気圧防水。販売は、KURONO BUNKYŌ TOKYOホームページ https://kuronotokyo.com/ にて時間限定販売。販売時間は日本時間5月21日23:00~23:10の10分間。商品は6月中旬より順次発送。KURONO BUNKYŌ TOKYO「アニバーサリーエディション 朱鷺:TOKI」Ref.CU001A 18万9900円(シンガポールから発送。本体価格の一部に消費税がかかる) 自動巻き(ミヨタ製ムーブメントCal.90S5、パワーリザーブ約38時間、毎時2万8800振動)。ステンレススチールケース(316L・鍛造)。直径37mm。カーフレザーストラップ。3気圧防水。販売は、KURONO BUNKYŌ TOKYOホームページ https://kuronotokyo.com/ にて時間限定販売。販売時間は日本時間5月21日23:00~23:10の10分間。商品は6月中旬より順次発送。KURONO BUNKYŌ TOKYO「アニバーサリーエディション 朱鷺:TOKI」Ref.CU001A 18万9900円(シンガポールから発送。本体価格の一部に消費税がかかる) 自動巻き(ミヨタ製ムーブメントCal.90S5、パワーリザーブ約38時間、毎時2万8800振動)。ステンレススチールケース(316L・鍛造)。直径37mm。カーフレザーストラップ。3気圧防水。販売は、KURONO BUNKYŌ TOKYOホームページ https://kuronotokyo.com/ にて時間限定販売。販売時間は日本時間5月21日23:00~23:10の10分間。商品は6月中旬より順次発送。さて、この朱鷺:TOKIだが、発売は5月21日23:00〜23:10の10分間、公式サイト(https://kuronotokyo.com/)で期間限定販売されるという。もちろん全世界の時計愛好家に向けた販売のため、かなりのアクセスが予想される。現在、世界でも31名しかいない独立時計師のうちの一人、浅岡 肇さんがこだわり抜いた20万円以下のデイリーウオッチ。買う買わないは別として、この時計の販売状況は販売終了後ただちにSNS等で話題に上ることだろう。そのリアルな声が、世界的な時計市場の盛り上がりを示す指針となるはずだ。浅岡肇。2022年現在、世界で31人しかいないスイス独立時計師アカデミー(AHCI)正会員の一人。日本で初めて、歴史ある複雑機構「トゥールビヨン」を自社製ムーブメントに搭載した腕時計を発表。独立時計師として、デザインから、ほぼ全ての部品製造、組み立て、仕上げまで手掛ける「Hajime Asaoka TOKYO JAPAN」の時計は、年間製造本数10本前後。顧客には王室や世界的なコレクターが名を連ねる
ブルガリ スーパーコピー ディアゴノ プロフェッショナル DP42BSSDSDVTG(102821)

ブルガリ スーパーコピー ディアゴノ プロフェッショナル DP42BSSDSDVTG(102821)

こちらは「アクア」のステンレスモデル。

ダイバーモデルとなり防水性能は300mを確保します。

型番:DP42BSSDSDVTG(102821)

機械:自動巻き

材質名:ステンレス

ブレス・ストラップ:ブレス

タイプ:メンズ

カラー:ブラック

外装特徴:回転ベゼル

ケースサイズ:42.0mm

防水性能(公称):300m




グランド セイコー オートマティック ハイビート36000 マスターショップ SBGH205

Ref.(型番号) SBGH205
Grand Seikoロゴをダイヤル上部にセッティングした新デザインのダイヤル。グランドセイコー スーパーコピーが誇る36,000振動/毎時のハイビートムーブメント「9S85」搭載。時計の傾きによる誤差が起きにくく、安定した精度を実現したハイビート36000。上品で飽きのこないデザインはセイコーウォッチメイキングの神髄です。
2022年5月発売モデル
【取扱い店舗】 タケカワ本店 東武店
ダイヤル:ブラック
【特徴】
オートマティック(9S85)
ハイビート36000
55時間リザーブ
日付表示
【仕様】
ステンレススティール製のケース
ステンレススティール製のブレスレット
サファイアクリスタル(無反射コーティング)
シースルーケースバック
10気圧防水
ケースサイズ(横):40.2㎜


【関連記事】:ランキング新作デザインに見る2022年バッグ製品は

コメント一覧

記念日のプレゼント URL 2022年11月11日(金)01時53分 編集・削除

記念日に喜ばれるおすすめの指輪3選をご紹介します。リーズナブルで手が出しやすいものから有名ブランドのものまで幅広くピックアップしました。

医療用ウィッグ URL 2022年11月14日(月)10時37分 編集・削除

医療用ウィッグに明確なルールはありませんが、病気や怪我でウィッグが必要な方のために作られているため

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー