記事一覧

ネクタイの高級ブランド上質なアイテムを選んで好印象に

アップロードファイル 5-1.jpgアップロードファイル 5-2.jpgアップロードファイル 5-3.jpgアップロードファイル 5-4.jpgアップロードファイル 5-5.jpg

スーツを着用するときにネクタイは欠かせないアイテムです。男性にとってはビジネスシーンで着用する数少ないアクセサリーのひとつ。しかも、腕時計などと違ってVゾーンという目をひく箇所に着用するモノなので、相手の印象に強く残るアイテムといえます。それだけにネクタイは慎重に選びたいものです。

そこで今回は、日本と海外のネクタイの高級ブランドをご紹介します。上質なアイテムを取り入れて印象アップに繋げましょう。

高級ブランドのネクタイは1本で10万円以上するモノもあり、スーツより高価という場合も少なくありません。一方で、1,000円以下で購入できる格安ネクタイもあります。普通のネクタイと高級なネクタイにはどんな違いがあるのでしょうか。確認してみましょう。

ファッションアイテムであるだけに、ネクタイにおける素材の違いは製品の仕上がりおよび価格に違いをもたらします。ネクタイに採用されている素材は、ウールやカシミアのモノもありますが、基本的にはシルク100%が主流です。

普通のネクタイでもシルク100%の製品が多く、高級ネクタイではイタリア製シルクが採用されることが増えてきています。一方、格安ネクタイに関しては、ポリエステル素材を採用していることが多いです。

ネクタイでは型崩れを防ぎ、結び目を美しく見せるために生地の中に「芯地」を使用。高級ネクタイは芯地がしっかりしているので結び目がきれいになり、ほどいた時も復元力があります。

普通のネクタイと高級なネクタイでは縫製技術も違います。一般的なネクタイの製法は、芯地がついた1枚のシルクに強い圧力をかけて形成するというもの。

一方、イタリアの「セッテピエゲ(7折り製法)」は、芯地を使わず、正方形の生地を7つに折って作ります。ネクタイの縫製技術としては最高と評される製法です。高度な技術と手間を要するイタリア高級ネクタイの代名詞といってよいでしょう。

日本の高級ブランドは、イタリア製シルクを使って国内でハンドメイドするケースが多いです。

ネクタイのデザインは伝統的なモノやシンプルなモノが多いです。Vゾーンという目立つ箇所に着用するものだけに、デザインや配色などが雑だと目をひいてしまいます。

高級ネクタイの場合はデザインにもお金をかけていることが多いです。安いネクタイの場合は、素材の品質が低いことを補うために、デザインを派手にしていることもあります。

フェアファックスは1976年に創業のファッションブランド。伝統的なイギリスのメンズファッションを簡素化した「アメリカントラッド」をベースにして、トレンドをミックスしたTOKYO HIGH STANDARDをコンセプトにしています。高級百貨店バーニーズNY本店にも出店している世界的ブランドです。

フェアファックスで定番の人気モデルです。本製品の色はワインですが、ネイビーブルー・ラベンダー・シルバー・サックスなどカラーラインナップが豊富なのも魅力。素材はシルク100%で大剣幅8cmのレギュラータイです。

ビジネスシーンはもちろん、プライベートでもコーディネートしやすい汎用性の高さが魅力。ネクタイ選びに迷った時でも、選んでおいて間違いのないネクタイです。

フェアファックスで人気のフィッツジェラルドシリーズ。ミッドナイトブルーの基本色にダークグリーンとホワイトを配しています。本製品のビッグストライプは最近のトレンド。

剣先は1960年代に使われていた三つ巻仕様で仕上げています。芯地の先をスクウェアにカットしたアメリカンカットと共にクラシックなアメリカンテイストをアピール。芯地の先をスクウェアにカットしたアメリカンカットとともにクラシックなアメリカンテイストをアピールしています。アメリカントラディショナルとトレンドが融合した、フェアファックスのコンセプトを体現した高級ネクタイです。

1970年代にBIGI、MEN’S BIGIを設立し、高級感あふれるDCブランドブームをリードした菊池武夫のブランド。伝統的なスタイルをベースに現代的要素をさり気なく着こなす大人のためのファッションをコンセプトにしています。

定番のおしゃれな「ペイズリー」柄を用いたタケオキクチのシルク100%のネクタイです。ネイビーをベースに色数を抑えた配色で、さまざまなスーツに合わせやすいのがメリット。

ペイズリー柄でも華美にならず柔らかい印象で、高級感があふれます。普段はシンプルなネクタイを使用している方にもおすすめできる高級ネクタイです。

タイユアタイの古典的なドット柄のネクタイです。セッテピエゲとは、イタリア語で「7つ折り」を意味しています。芯地を使わず、通常の倍近いシルク1枚で仕立てた、まさに熟練の職人による高級ネクタイ。

スカーフを巻くようにネクタイを首に巻く、ふんわりとした感触が魅力です。光沢のあるネイビーにシルバーのドットが上品なネクタイ。高級感のあるネクタイをお求めの方におすすめです。

タイユアタイのトリコロールカラーのストライプネクタイです。タイユアタイの7つ折りの職人技セッテピエゲを使った、独特な風合いと巻心地を楽しみたい方におすすめの逸品。結び目がソフトで、ディンプルもきれいです。

ストライプはネイビーを主体にしたトリコロールカラー。落ち着いたデザインで、品のあるネクタイを探している方におすすめしたい高級ネクタイです。

アクアスキュータムの鮮やかなレッドのドット柄ネクタイです。全長は約150cmと長めで、大剣幅は8.5cmのレギュラータイ。素材はイタリアのシルク100%です。

本製品はインパクトのあるレッドなので、原色系のネクタイで自分を印象づけるために、ここぞという時に着用する「パワータイ」としてもおすすめです。それでも品位が落ちないアクアスキュータムらしい高級ネクタイ。ご自身をアピールしたい時におすすめのネクタイです。

Tiler Heuerタイガーは、新しいカレラ炭素繊維を2つ発売する。

Tiler Heuerタイガーは、新しいカレラ炭素繊維を2つ発売する。最新のカレラシリーズの2つのカウントダウン表はすべて極速競争と無恐れ運転を設計して、TEC Heuerタイガーのタイガーと自家製Heuer 02機のコアを搭載して、この有名な機械のコアは80時間の動力の記憶を提供することができます。

新しいカウントダウンリストは、バラ金(CBG 2052.FT 6143)とステンレス(CBG 2017 FT 6143)の2つのデザインを提供する。前者は18 Kのバラの金表の耳、そしてバラの金の時価と針をめっきします。後者は青色を彩る時の標、針と子表のリング、炭素繊維の時計圏と時計の耳は完璧に融合します。新しい腕時計は華奢で現代では、黒い穿孔ゴムの表帯を採用し、それぞれ350枚と750枚の限定で発行されている。

表裏ブルー宝石の鏡面を通して、腕時計に内蔵されたHeuer 02機械のコアを楽しむことができる。この機軸は現代、正確に信頼され、導柱輪と垂直離合装置を備えており、これも高級製表のマークの特徴である。新金カレラ炭素繊維のカウントダウンは、TBHeuerタイガー豪雅品店とTARHeuer .ユニホームから発売された。

1963年に初登場して以来、Ton Heuerタイガーのタレララシリーズが進化したが、DNAの要素を守り続けた。独特なモジュール化の設計と有名な汎美道路のレースの源はこのブランドの最も人気のシリーズの発展を推進しています。新しい炭素繊維の腕時計はファッションと機能を一体にして、タッグのタイガーのタイガーの豪雅は前衛の製表の分野の卓越した地位を浮き彫りにしました。

シチズン・アテッサから高機能フラッグシップモデル登場

アップロードファイル 3-1.jpgアップロードファイル 3-2.jpgアップロードファイル 3-3.jpgアップロードファイル 3-4.jpgアップロードファイル 3-5.jpg

ブラック時計初心者にこそおすすめしたい
2018年10月、シチズン・アテッサから性能が飛躍的に向上した3モデル「エコ・ドライブGPS衛星電波時計F950」が発売されました。そのなかでも注目は、”ビジネス時計といえば、シルバーやゴールド”という常識に一石を投じてきた「ブラックチタン™️シリーズ」のニューフェイス、CC4004-58E。新素材ボディやオン・オフ問わずに使えるデザインなど、シリーズ最高峰と称される魅力をご紹介します。
シチズンは1918年創業の時計メーカーです。光発電式アナログ時計やチタニウムウオッチを世界に先駆けて発売。部品の製造から仕上げまで、自社一貫製造を行うマニュファクチュールだからこそ実現できる技術と品質で信頼を集めてきました。2018年に創業100周年を迎え、現在では世界130カ国以上で展開しています。
初代「アテッサ」が発売されたのは1987年。当時、時計の素材にはステンレススチールやゴールドが主流とされるなかで、ビジネスマン向けブランドとして誕生したアテッサを特徴づけたのは、ケースやバンドにチタニウムを使用したことです。

アテッサの誕生以来、柔らかく加工しづらい素材であるチタニウムの加工技術を発展させ、現在では、独自の特殊技術でステンレスの約5倍以上の表面硬度を実現。軽量で肌に優しいチタニウムの特徴を生かした製品を世に送り続けています。

アテッサのデザインテーマは「スポーティでエレガント」。派手さではなく、高い機能性と緻密に計算されたデザインを追求しています。イタリア語で予感や期待を意味する「アテッサ」という名前の通り、常に進化する最新技術への期待が込められたブランドです。

今回発表された新モデルの魅力は高速の時刻修正機能。GPS衛星電波を世界最速レベル※となる「最短3秒」で受信後、従来のモデルに比べて、2倍の速さで時針・分針を動かして時刻の修正を行います。

ツインコイルモーターの動きを見直したことで、針が1周するのにかかる時間はわずか1秒足らず。海外渡航時や地下から地上に出たときなども、GPS衛星電波を受信できる環境であれば、素早く正しい時間を確認できます。

※光発電GPS衛星電波時計として。2018年7月現在、シチズン時計調べ。

今回発表されたF950シリーズは、チタニウムに表面硬化技術を施した「スーパーチタニウム™」を使用した、高い耐傷性を持つモデル。なかでも注目したいのは、さらにキズに強く、独特の風合いを実現したブラックチタン™シリーズのCC4004-58Eです。

特徴はブラックチタン™を構成する「デュラテクトDLC」に加えて、ガス硬化技術「デュラテクトMRK」を施すことで、より強固な耐傷性を実現した点。

「デュラテクトDLC」とは”Diamond Like Carbon”の略で、主に炭素と水素が構成する非晶質の硬質膜のこと。その名の通り、ダイヤモンドのようなカーボン硬質膜をチタニウムの表面に施すことで、よりキズに強く滑らかな表面を実現しています。表面のグレイッシュなブラックは「デュラテクトDLC」ならではの色合いです。

チタニウムの生成過程で作られる「スポンジチタン」をイメージした文字板。文字板を囲むインデックスは、立体的で視認性が高く、一目で時刻が分かるシンプルさが魅力です。3つのサブダイヤルは文字板の下部に配置され、オーソドックスで見やすいつくりになっています。

ブラックとのコントラストが美しいオレンジ色の秒針はブラックボディの中で唯一、ビビットなカラーが使われているポイント。この色は熱間鍛造工程で発光するチタニウムの色を表しており、アテッサのチタニウムへのこだわりが表現された部分です。

仕上げが異なる面を組み合わせたケースは伸びやかで堂々とした風格が特徴。ワイドオープンの細縁ベゼルやプッシュボタンが力強い印象の中にエレガントさを加えています。ベゼルが細い分、フェイスが大きく、見やすいこともポイントです。

ケースからバンドを繋ぐ部分まで緩やかなカーブを描く一体感も魅力。長年に渡って培ってきたシチズンならではのチタニウム加工技術が、高いデザイン性を実現しています。

カバーガラスは球面状に加工したサファイアガラスを使用しています。ガラスの表裏にはシリコン化合物を多重構造コーティングする「99% クラリティ・コーティング」を施すことで、歪みや光の反射を抑制。高い視認性を実現する上に、キズが付きにくく、撥水性もあります。

光発電エコ・ドライブ
シチズンといえば、言わずもがなの機能「エコ・ドライブ」。定期的な電池交換が不要な光発電機能です。

ダイレクトフライト
りゅうずを操作するだけで、39のタイムゾーンとカレンダーを表示する都市選択型の世界時計機能です。メイン・ローカル2都市の時刻を同時表示し、1ステップで入れ替えが可能なダイレクトチェンジ機能も搭載しています。

パーフェックス
時計の誤作動の大きな要因となる磁気と衝撃の影響を軽減する先進技術。「JIS 1種耐磁」「衝撃検知機能」「針自動補正機能」の3つで構成され、電波時計の正確性をより高めます。

パーペチュアルカレンダー
うるう年や月末のカレンダーの調整を自動で行う機能。今回のF950シリーズでは、「うるう秒」も自動補正します。

10気圧防水
ヨットやサーフィンなどの水上スポーツにも耐えられる防水レベル。アウトドアシーンでも安心の防水水準です。

シーンを選ばず使える「間違いない1本」
CC4004-58Eに採用されたブラックチタン™はグレード感のある鏡面加工と、ツヤを抑えたヘアライン仕上げが特徴。ブラックチタン™の“気品ある黒”がビジネスシーンにも、カジュアルシーンにもマッチします。

金と鋼の出会いあれらの経典の間の金の贅沢な腕時計

贅沢な製表 分野では、1枚 腕時計が2色 金属を使って見慣れている。しかし、バラ金を使ってより伝統的な黄金とステンレスを使った組み合わせは、比較的新鮮なデザインです。
ロレックスGMT - MasマスターII腕時計
疑いもなく、ロレックスGMT - MasマスターII腕時計三重奏は、2018年にバーゼル国際時計ジュエリー展(Baselワーク2018) 最大 ハイライト 一つである。本稿では、GMT - MasマスターII Rrf . 1267 ChNR間 金腕時計である。こ 腕時計は、強力なバラ金(ブランド特許)とステンレス製 素材を組み合わせた。こ 腕時計は直径40ミリ 牡蠣式 ステンレス 表殻を採用しています。豊富なバラ 金 元素を装飾して、上弦表 冠、回転表 輪、面 細部とチェーン チェーンを含んでいます。黒ブラウン 2色 陶磁器 時計を組み合わせて、全体 外観をさらに渾然としている。
マージンインコカウントダウン
2013年には、ポッツリインコRe . 5980 / 1 D間 金カウント値は、有名なダブリーリースポーツシリーズに参加します。直径40.5ミリ タックル型 表殻から、八辺形表 輪に、さらに集積式 表鎖まで、二つ 異なる金属色 バランスがよい。バラ金とステンレス金属とは対照的な活力 青い表盤、盤面装飾マーク的な溝紋として、バラ金貼付時 標、指針、白 刻々として完璧な背景を提供している。
オメガ海馬300メートルダイビング腕時計
海馬300メートル ダイビングシリーズ 誕生25周年を祝うために、オメガ(OMG)は、いくつか 新しいモデルを含んでいる。最も注目されている はオメガ 海馬300メートル Re . 210242.01.002潜水腕時計で、冷酷なステンレス、暖かいバラ 金、そして光 黒色を巧みに融合させる。ステンレス 表殻は直径42ミリで、Sina金(ブランド特許) 上弦表冠と列ヘリウムバルブを備えており、そ ほかにSerna金時印を充填した黒い陶磁器がある。黒 表盤には波紋を飾り、Serna金 針を組み合わせます。こ 時計には、黒いゴム テープがついています。
江詩丹食が四海腕時計を縦横に横切っている
017年、江詩丹回は縦横四海間 金腕時計を発表し、そ 中には、カウントダウン表と単暦時計が含まれている。単腕時計(RF . 45 V / 000 M - B 700)は、直径41ミリ ステンレス 表殻を搭載し、古典的なマルタ十字をインスピレーションとするバラ金表輪と上弦表 冠を備えている。銀質表盤には、時印、中央針、および日付表示ウィンドウにはバラ金元素が続く。こ 時計は2本 茶色 表帯を交換することができて、そ 1はワニ 皮 材質、もう一つはゴム 材質です

回目の「ロレックス」名前のような要素は

手首の上では、40日目は、控えめにないならば、気持ちよく着きます。時計自体が公式に「大統領」と呼ばれていない間、ブレスレット・スタイルはロレックスによって公式に「大統領ブレスレット」として知られています。男性の腕時計の上でブレスレットがコレクションの外で腕時計で利用できない間、ロレックスは最近若干の女性のdatejustモデルのためにこのブレスレットを導入しました。したがって、ロレックスが将来の男性のdatejustモデルのために大統領スタイルのブレスレットを紹介することは、可能です。ブレスレットは、大きく丸いリンクで3つの関連設計を特徴とします。磨かれた外部のリンクによる洗練された中心の関連は、あまりに光沢があるか光沢があるように見えることからそれを保つデザインに技術的な訴えを加えるサイン・ロレックスルックです。ブレスレットの視覚的な光反射を減らすことにこの焦点は、それから光で遊ぶことについてすべてである流された白い金のベゼルと対比されます。ダイヤルの更なる反射地域はさらに光で遊びます。そして、日日付40を光る物に引きつけられるそれらのためにはっきりしたいじめを作ります。
大統領のブレスレットの最も現代的なバージョンについて最も輝かしいものの一つは、どのようにリンクが摩耗と涙から保護されています。ロレックスには、小さな白い色のセラミックが含まれています“ストロー”(私はそれらを呼び出す)は、リンクスクリューバーとリンク自体の間のバッファチューブとして動作します。これは、ネジと金(またはプラチナ)のリンクの間の摩耗と涙に対して保護するように設計されています。ロレックスの摩耗は、ロボットを使用してブレスレットをテストし、これらの小さなセラミックチューブの使用が明らかにブレスレットの寿命を高めることを決定している。大統領ブレスレットについての1つの小さな不満は、展開バックルです。ロレックスは、メカニズムのほとんどを隠すの良い仕事をしましたが、私のような小さな手首のために、展開の堅い内部構造は、手首の上でプレジデントブレスレットの性質をそれ以外の非常に形から取り除きます。ちょうどあなたが私のもののようなより小さな手首を持っているかどうかを考慮するには、これは非常にマイナーなものですが、これ以外の場合は完璧なウォッチコレクションに近いからいくつかのポイントを削除します。
ロレックスは(名前が示すように)40 mm幅と約12 mm厚でサイズを設定します。ブレスレットは、奇異な21 mmの幅で、エレガントなファッションで少し下に傾きます。より良い総合的な品質、公差と終わりに至るより多くの現代のケース生産から利益を得るために、最初のロレックス収集でもある日日付40で、合うものと終わりは優れています。このような時計は、簡単にも、より高価な腕時計がそこにあるかもしれないということを理解するために未訓練の腕時計愛好家を許します、誰も、全体的な終わりと初期の品質(私の意見)でロレックスを打ちません。オイスター・スタイルのケースはネジダウン冠、casebackを持ち、100 mに耐水性です。回目の「ロレックス」名前のような要素は、ダイヤルのまわりで内部の金属フランジリングにエッチングされて、腕時計をコピーするのが難しくします。ロレックス以外の会社は、彼らが数十億ドルの犯罪偽時計取引によって複製するのが簡単でないのを防ぐために、彼らの腕時計にそんなにたくさんしなければなりませんでした。私が偽の腕時計品質で飛躍と境界を見た間、何も本物に近づきません。
なぜすべての金の時計が欲しいですか?もちろんできるから。ロレックス40の全体のポイントは、すべてのゴールドパッケージで可能な限り快適で、名門として提供することです。時には、ロレックス社長のコアデザインは日付が表示されます。私にとっては、まさに私が欲しいものである日に、そして、他の日に、私はもう少し個人的に表現的な何かを着たいです。時計コレクター典型的にロレックスのデータブックや日付のコレクションのようなモデルが含まれていません。私は上記のように、その日の日付は、伝統的な時計の種類のいずれかに適合していないため、多くの場合、時計は“簡単な選択”として見られているので、あなたは本当にそのについて学ぶか、それが何であるかを知るためにハードを検索する必要はありません。ロレックスのだけであなたの典型的な男性の“私はそれを見た”時計オタクの歴史の中でいくつかの時点では、その名誉はゴールドロレックスDaytonaに行った-しかし、私は真剣に日40は男性のためのより高級な声明を見ていると思います。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ