記事一覧

【シチズンとスターウォーズ!?】懐かしの“レコード”とリンクする、私的な“ダイバーズウオッチ”コレクション

》大好きな”音楽”とリンクした時計を、独断と偏見でセレクト

梅雨が明けると本格的な夏になる。夏といえばアウトドアでのレジャーをイメージする方も多いと思う。ダイビングやサーフィン、ビーチで日光浴をするのが好きな人もいるだろう。

 都会に暮らす人にとって、夏は自然との絆を深めるための充電の季節でもあるだろう。コロナの影響もあって、例年のように気軽に出かけるのは難しくなっているが、そんな夏でも時計好きとしてはダイバーズウオッチを着けたくなるものだ。

 今回は、私のコレクションの中から、レコード(時には “ワックス “と呼ばれることもある)と、そのレコードにリンクするニつのダイバーズウオッチを、独断と偏見で紹介してみたい。

《“The Story of Star Wars(ザ ストーリー オブ スターウォーズ)” – シチズン チャレンジダイバー》

图片描述

1977年に公開のジョージ・ルーカス脚本・監督・製作の映画『スター・ウォーズ:エピソード4-新たなる希望』。1980年、エピソード5『帝国の逆襲』、1983年エピソード6『ジェダイの帰還』が公開され、この映画を皮切りに、テレビシリーズ、ビデオゲーム、小説、漫画、テーマパークのアトラクションなど、複数の媒体で世界的なポップカルチャー現象となった。

 このレコードは1977年に発売されたスターウォーズのオーディオドラマ版。内容はエピソード4とほぼ同じなのだが、視覚的な情報がメインになる映画とはまた違って、音声でスターウォーズの世界に没頭できるのがとても面白く、自分にとってはとても思い出深いレコードとなっている。

图片描述

アンティークダイバーズウオッチの分野ではセイコーの後塵を拝している感のあるシチズンだが、1970年代に印象的なダイバーズウオッチを製造しており、77年に発売された”シチズン チャレンジダイバー”は「スター・ウォーズ」の第1作目が世界中で公開された時期と重なる。

 シチズン チャレンジダイバー・52-0110は、40mmのケースと大型ねじ込み式リューズを採用したクラシカルなデザインで、魅力的なマットブラックダイヤルに長方形のアワーマーカーにはライトグリーンの蛍光塗料が施されている。

 時計の針にも蛍光塗料が施されており、時針はメルセデススタイル、分針はポインテッドソードスタイルのデザイン、また秒針の先端にも蛍光塗料が施されたロリポップ型の針になっているのが特徴である。

 昨今のダイバーズウオッチに見かけることが珍しい、日付け窓の右側にも小さい蛍光塗料が施されているのが特徴的でもある。

 ムーヴメントは、信頼性の高い8210Aオートマチックで、手巻き機能を備えており、風防はフラットなミネラルクリスタルでクリスタルの下側はカーブしており、光を当たると息を呑むような輝きを放つ。

 風防はベゼルより若干高い位置にあるため、文字盤を見ていると吸い込まれそうな没入感がある。

 このシチズンのダイバーズウオッチは、次に紹介するセイコーのアンティークダイバーズに引けを取らない実力を持っている名作だと個人的には思っている。


《“Stevie Wonder’s Original Musiquarium I(スティービー・ワンダー)” – セイコーAGS スキューバ》

图片描述

スティービー・ワンダーは、言わずと知れたアーティストで、10代の頃から “天才音楽家 “と呼ばれ、1970年代初頭から作曲、歌唱、プロデュース、ライブなどで活躍してきた。

 R&B、ポップス、ソウル、ゴスペル、ファンク、ジャズなど多種多様なジャンルのミュージシャンに影響を与え、音楽史上最も成功したソングライター、ミュージシャンの一人でもある。

 アルバム『Stevie Wonder’s Original Musiquarium I』は、彼の最も崇拝されているアルバムからの曲を集めたものだ。『 Talking Book 』、『Music Of My Mind』、『Innervisions』、『Songs In The Key Of Life』など、代表的な曲がアルバムに収録されている。

 上記のアルバムからの曲がアルバムに収録されているが、なかでも魅惑的なのが「Ribbon In The Sky」だ。スティービー・ワンダーの数ある宝箱の中でも、最も印象的な1曲となっている。


图片描述

このアルバムに合わせた時計は、1994年に発売されたセイコーの”AGSスキューバ”。60年代半ばからセイコーはダイバーズウオッチの分野に進出し、多くのダイバーズウオッチを世に送り出してきた歴史があ。65年に発売された最初のセイコー150M自動巻ダイバーズ、”6217″を皮切りに、セイコーのダイバーズウオッチはカルト的な人気を誇っている。

 半世紀以上にわたってセイコーが生み出してきたダイバーズウオッチは、デザイン、技術革新、両面においても、スティービー・ワンダーの豪華絢爛な音楽ポートフォリオに例えることができる。

 1992年に発売された、セイコーAGS(3M22-0A20)はまだアンティークと呼べるものではないが、使いやすい34mmのケースサイズに200m防水を備えており、現行のダイバーズウオッチとはひと味違う魅力を感じさせる。

 文字盤に書かれている”AGS”は、”Automatic Generat-ing System”の略称。後ににキネティックと呼ばれるようになる”自動生成システム”の意味で、リューズの少し上にはパワーリザーブ表示機能があり、コンデンサーに蓄えられたパワーリザーブが何日分あるかを秒針の動きで示している。

 ブラックマットの文字盤に三角形のアワーマーカーには蛍光塗料が施されている。一方通行の六角形の回転ベゼルは、時計全体のデザイン性を高めている。

 既視感あるデザインのダイバーズウオッチが市場に溢れているなかで、今回紹介したダイバーズウォッチの2モデルは、現行のダイバーズウオッチと差別化されたデザインが魅力的だ。

 いずれのモデルも、現在でトレンドにもなっている小振りなケースで、デザインもシンプルで時を経ても飽きのこないものとなっている。

 コレクターズモデルになるような希少なモデルではないため、いまでも手頃な価格で見つけることが可能。時代を超えて愛されるダイバーズウオッチだが、お金をかけなくても手に入れることができるのも魅力と言えるだろう。

OMEGA Seamaster Aqua Terra の2021年の新作モデルをチェック

スモールセコンドのサブダイアルを備えた注目の新作モデルにクローズアップ

图片描述

1848年創業のスイスの老舗高級時計メーカー〈OMEGA(オメガ)〉が2021年の新作モデル19点を発表した。オメガ スーパーコピー今年も魅力的なモデルの数々がラインアップされる中、本稿では同ブランド人気のダイビングウォッチシリーズ Seamaster Aqua Terra(シーマスター アクアテラ)にフォーカスしてご紹介。今回のSeamaster Aqua Terraの新作はケースの直径 41mmと38mmの2種類のサイズで展開され、全モデルに共通して6時位置にスモールセコンド(センター以外に配された秒針)のサブダイアルが設置されているのが大きな特徴だ。

ダークグリーンの文字盤が美しいAqua Terra 150M コーアクシャル マスター クロノメーター スモールセコンド 38MMは、ステンレススティール製 38mmのケースを備え、ケースバックの縁には波模様が施されているのがポイント。サンブラッシュ仕上げの文字盤には、マザーオブパールをはめ込んだヨットの船体を象った18Kホワイトゴールドのインデックスが全体のデザインを際立たせている。また、同モデルにはケースが18Kセドナゴールドとステンレススティール製のタイプもラインアップ。ホルダーにセットされた12時方向に向かって徐々に大きくなるダイヤモンドのインデックスがエレガントな印象を与え、バーガンディカラーのレザーストラップと相まってラグジュアリーな1本に。

Aqua Terra 150M コーアクシャル マスター クロノメーター スモールセコンド 48MMは、ブラッシュ仕上げのシルバーブルーの文字盤に横縞模様の“チーク”パターンを採用。ホワイトのスーパールミノヴァが塗布されたブルーの針とインデックス、文字盤に加えて、サブダイアルにサンドブラスト加工のミニッツトラックとセコンドトラックを備えた美しい外観に仕上がっている。

〈OMEGA〉Seamaster Aqua Terraの新作の日本での発売時期は8月ごろの予定。詳細については同ブランドの公式サイトで確認しよう。

時代を超えたクラシックなオメガスピードマスタープロフェッショナルムーンウォッチ

アップロードファイル 34-1.pngアップロードファイル 34-2.pngアップロードファイル 34-3.png

オメガ(オメガ)スピードマスターシリーズのムーンウォッチは、ムーンに関連する時計の中でも、ベンチマークとして説明できます。 NASAの公式パートナーとして、オメガは何度も宇宙に滞在し、地球と宇宙に輝かしい伝説的な歴史を築いてきました。今日の伝説的なスピードマスターシリーズの時計は、リニューアルおよびアップグレードされました。ムーンウォッチの歴史的な時計からデザインのインスピレーションを得て、マスター天文台の認定に合格し、より正確で信頼性の高いパフォーマンスを提供します。


Speedmaster ProfessionalMoonwatchがオメガの象徴的なモデルの1つであることは誰もが知っています。伝説的なスピードマスターウォッチは、ブランドのパイオニア精神のモデルと言える月への6つのミッションに参加しています。


この42mmムーンウォッチステンレススチールモデルのブレスレットは、5つのアーチ型リンクが並んで配置され、磨かれ、ブラシがかけられています。これは、月に着陸したときに人間が着用する第4世代のスピードマスターウォッチのスタイルに触発されたものです。オメガは傷がつきにくく反射防止のサファイアガラスを使用しているため、この時計にはサファイアガラスのテーブルミラーとケースバックも装備されています。


さらに、この時計には非対称のケース、黒い「段付き」文字盤が装備されており、陽極酸化アルミニウムのベゼルにはオメガのブランドロゴと有名な「ドットオーバー90」のマークが飾られています。多くの時計仲間から、なぜこの時計がベゼルの素材にアルミニウムを使用しているのかと聞かれました。実際、オメガが特別な陽極酸化処理を施したアルミニウム製ベゼルは、通常のベゼルのほぼ2倍の硬度を備えているため、耐久性と耐久性が向上しています。 。


時計の文字盤には、スモールセコンドの文字盤、30分クロノグラフ、12時間クロノグラフが付属しています。3つのサブディスクは3、6、9時に順番に配置され、スピードマスターのデザインスタイルを継承しています。月面着陸時計。


時計のケースはステンレススチール製で、ケース側面のリューズボタンとクロノグラフボタンもこの素材を使用しています。オメガは316Lステンレス鋼を使用しています。この素材は、耐食性と研磨後の光沢が高いことで知られており、通常、高強度環境で使用する時計にとって理想的な素材です。

【サンレイ仕上げのグリーン文字盤に注目!】エドックスの本格ダイバーズコレクション、“クロノオフショア1”より新作が登場

スイスのビール、ビエンヌにて1884年に創業した老舗時計メーカー、“EDOX(エドックス)”。

 1961年に腕時計のリューズ機構で特許を取得して以降、この機構は現代の防水時計のスタンダードの仕様となっている。創業当時から追求に追求を重ねる時計製造で、優れた機能や性能を備える時計を世に送り出してきた。

 同ブランドの主力ラインである、タフネスとエレガンスさを併せもち、オーバースペックとも言える500mの飽和潜水防水を備えるダイバーズウオッチ、“クロノオフショア1”に、この度新作が追加された。

图片描述

クロノオフショア1は、海のF1とも称される、スリリングで迫力のあるパワーボートの世界観を投影したフラッグシップコレクション。世界最高峰の国際モーターボートレース大会である“クラスワン パワーボート世界選手権”との出合いによって誕生した。

 艶やかで存在感があり、サファイアと同等の高硬度を誇るハイテクセラミックベゼルや、チャンピオンナンバーを表す1時位置に配したアラビア数字インデックスなど、力強さを演出するデザインが特徴的。

图片描述

今回発表された新作は、パワフルな存在感に加え、エレガントなディープグリーンの文字盤に同系色のベゼル、ダイヤモンドを配した“1”のアラビア数字インデックスと、ピンクゴールドPVD加工を施したケースで、エレガントさをプラス。

 文字盤には、美しい光沢感のあるサンレイ加工を施しており、見る角度や光の当たり方により様々な表情を見せてくれる。

 リューズと裏ブタをねじ込み式にした堅牢なケース設計が、500m防水という高い防水性能を実現。ちなみに裏ブタにはパワーボートに使われるスクリューをデザインしている。

 ベルトには、柔らかく腕なじみが良いラバーベルトを採用。水に強く耐久性にも優れている、ダイバーズウオッチには最適な素材だ。

 3.5mm厚以上の重厚感のあるマッシブなセラミックベゼルがエクストリームさを表現した、パワフルウオッチが誕生した。

EDOX(エドックス)
クロノオフショア1 クロノグラフ リミテッドエディション

图片描述

■Ref.10221-37RV5-VIR5-S。SS(PGPVD加工、45mm径)。500m飽和潜水防水。クォーツ(Cal.EDOX102)。世界限定300本。23万6500円

5711/1A-010に迫る勢い、ロイヤルオーク15202ST.OO.1240ST.01

ロイヤルオークは、このところ3針(2針)モデルを中心に「かなり元気」という様子を見せており、各モデルの値動きが活発な様子が続いています。

今回取り上げるのは、エクストラシンの15202ST.OO.1240ST.01ですが、このモデルは、今年4月に1000万円以上という水準に達しています。2020年11月水準は、約533万円だったわけですから、2021年4月の値動きは『530万円台から一気に1000万円台になった』といった変動でした。

15202STエクストラシンは、2018年から2019年までの間、おおよそ400万円前後といった水準が長らく続いていたということもあったため、2019年頃までは、人気モデルでありながら、「あまり派手に動かない」という印象がありました。

この15202ST.OO.1240ST.01を含め、ロイヤルオークは2018年から「やっと値動きする」といった状態になったのですが、15202ST.OO.1240ST.01は、2018年7月に400万円台に到達。ただ、目立った値動きを見せず、2019年まで「おおよそ400万円前後」といった水準だったのです。

2019年上半期といえば、ノーチラスが目立った上昇となっていたわけで、5711/1A-010は800万円台といった様子を見せていました。

5711/1A-010は、2018年7月の段階で、580万円台といったところだったわけですが、それが2019年7月には850万円台に達していました。

それに対して、この15202STは、2018年でも2019年上半期でも、「おおよそ400万円」という水準。ノーチラスと比べて、地味という印象だったわけです。

そのような経緯があった15202ST.OO.1240ST.01ですが、転機だったのが2020年だといえます。

それまで、「数ヶ月で数十万円」という値動きをあまり見せない傾向だった15202ST.OO.1240ST.01ですが、2020年2月には「2ヶ月で50万円以上の上昇」という値動きとなっていました。

そして、その後もそういった値動きをした結果、ついに2020年11月に530万円台となったわけです。

この時点では、「やっと15202STエクストラシンも、ノーチラスのような値動きになった」という感想だったといえます。

それが、冒頭でもお伝えしたように、今年4月に『530万円台⇒1000万円台』という値動きを見せたのです。

これは、これまでノーチラスに遅れていた分を一気に取り戻す、といった感覚だったわけですが、500万円台から一気に1000万円台になるといった値動きは、ノーチラスやデイトナを例としても、前代未聞だといえます。

そして、15202ST.OO.1240ST.01の勢いは、それから今にかけても継続。4月に1080万円といった様子だった15202ST.OO.1240ST.01は、6月現在では、1188万円となっているのです。

图片描述

天才ダンサーを魅了した「ブランパン」の複雑時計

アップロードファイル 31-1.png

バレエダンサーとしてだけでなく俳優や振付師として活躍する宮尾俊太郎さん。複雑機構のカレンダーウォッチを身に付けることで、生活が豊かにそして身のこなしまでスマートになるのだとか。その秘密とは一体どこにあるのでしょう。

念願が叶った記念に最高の一本を探して

あの熊川哲也氏が率いるKバレエ・カンパニーにおいて最高位であるプリンシパルを務めた経験を持つ宮尾俊太郎さん。スラッとしつつも男らしい体躯を持つ本邦屈指のバレエダンサーです。踊りや振り付けなどに飽くなき探求心を持つだけでなく、生活全般においてこだわりを貫くジェントルマンは、健康や食事、ワインや音楽などに対し独自の審美眼を持つ人物。特に歴史を重ねた美しいものに惹かれるとのことで、時計に関しても素晴らしい名品を愛用されていました。

「このブランパンを手に入れたのは、確か2015年ころ。僕が所属していたKバレエ・カンパニーでプリンシパルに選出され、念願のひとつが叶った年だったんです。それにともない人前に出ることも増えまして、そういったシーンや盛装にマッチするハレの一本が欲しいと考えていたのです」

雑誌やメディアなどをチェックし、選びに選び抜いて手に入れたブランパン ヴィルレ コンプリートカレンダー。クラシックなフルカレンダー・ウォッチのどの部分が気になったのでしょうか。

「実は時計のことは、それまであまり知らなかったんです(笑)。ただ、いろいろなモデルをチェックするなかで目に止まり、単純に美しい時計だなと思ったのが切っ掛け。いわゆる一目惚れであり、至高の一本を手に入れるならこれしかないと思ったのです。いろいろ調べて行くうちに、ブランパンは世界最古の時計ブランドであり、オーソドックスな丸型モデルしか作らないなど、こだわりの深い名門であることを知りました。このコンプリートカレンダーも伝統意匠を極めたデザインや、見やすくそして整ったレイアウトなどに、長い年月を掛けたどりついた境地のようなものを感じます」

手間を掛けることで生活は味わい深くなる

月、曜日、日付、ムーンフェイズなどの表示を持つフルカレンダー仕様のモデル。クラシックな美観は見事であるものの、調整などに関し煩わしさを感じたりはしないのでしょうか。

「確かに毎日身に付けてないと止まってしまいます。そうするとカレンダーなどをひとつずつ修正していく必要があるのですが、そういった手間も僕は大事だと考えます。現代の生活は次から次へと便利になっていくもの。しかし手間を掛けることで豊かになる事柄もたくさんあります。食事や人間関係など、インスタントに済まそうとすると深味が出ません。自分の時を刻んでくれる時計に対し、手間を掛けられるということは、とても喜ばしいものだと思っています」

このブランパン ヴィルレ コンプリートカレンダーは、ハレの日のために購入されたもの。どういったシーンで実際に着用しているのでしょう。

「舞台の制作発表やレセプションのときなどに使用しています。ただ、あまりにお気に入りになってしまったので、少し良いレストランに出掛けるときなども付けて行きます。僕にとって高価なアイテムゆえに、この時計を付けているときは少しだけ身が引き締まります。ぶつけて傷つけたくないということもあり、振る舞いや所作など無意識に気をつけているように感じます。時計に矯正されている、というほどではありませんが、きっとこの時計を付けている自分は、いつもよりスマートな身のこなしであるように思います(笑)」

古典と最先端をバランス良く取り入れて

他方、ブランパン ヴィルレ コンプリートカレンダーの対極にある一本だと指摘するのが、もうひとつの愛用時計であるアップルウォッチ。これも別の意味でマストアイテムだと宮尾さんは語ります。

「練習で踊っている自分の心拍数を計りたいと思っているときに、アップルウォッチの存在を知りました。フルで身体を動かした時に、どれくらいの負荷を身体に掛けているかを細かく把握しておくこともプロにとっては重要。そこでいろいろな器具をリサーチしたのですが、アップルウォッチなら時計にもなるしストップウォッチも付いているし、電話にもなると聞いて即決したんです。ただし、この時計から伝統の重みや凄みなどを感じることはありません。しかし先端技術をしっかり生活になじませることも現代人にとっては重要です。古典と最先端。バランス良く生活に活かすことで、より良い暮らしになると信じています。次世代モデルなどで血圧が測れたり脂肪燃焼効果が確認できる機能が付けば、もう最高ですね(笑)」

ブランパン ヴィルレ コンプリートカレンダーとアップルウォッチの二本で、理想の時計生活を送っているように見える宮尾さん。しかしすでに次なる一手を考えているとのこと。

「ブレゲのトゥールビヨンが気になっています。聞けばブレゲもブランパンに負けず劣らずの名門ブランド。しかも複雑機構であるトゥールビヨンに一家言ある実力派と言われています。僕の所有しているフルカレンダーもそうですが、バネと歯車だけで驚くような機構を作り上げる名門の機械式時計は、本当に素晴らしい。眺めているだけで奥深いロマンを感じずにはいられません」

【関連記事】:高級腕時計|ブランドの時計新作、評論して、ニュース発表